トップページ > 自宅ダイエット運動 > 腹筋ダイエット

腹筋ダイエット

ぽっこりお腹が気になっている方には、腹筋運動をおすすめします。

腹筋運動は、自宅で気軽に行うことができ、道具も必要ありません。

1日たったの5分でも毎日継続することでお腹周りを引き締めることができます。

しかし、たったの5分であっても億劫に感じ、三日坊主で終わってしまうという方も少なくありません。

痩せたいからといって何種類ものダイエット法を試すよりも、まずは腹筋運動のみにポイントを置いた方が、長続きするかもしれません。

★腹筋運動の方法

腹筋運動を取り入れよう

まずは、仰向けに寝て手を頭の後ろに添え、両膝を立てた状態でゆっくりと背中を丸め、自分のおへそを見るようにします。

このとき、体を起こすのではなく、上半身を丸めるのがポイントです。

くれぐれも頭だけをもちあげるのではなく、上半身を丸めるということを意識してください。

この後、身体をもとの横になった状態に戻します。

あとは、この動作を繰り返します。

回数については、毎日20回程度でも効果は得られますが、体力に合わせて、回数を増やしていってもよいでしょう。

なお、腹筋運動は呼吸を止めずに行うことがポイントです。

身体を丸めるときに息を吐き、横になるときには息をしっかり吸うようにします。

どうしても呼吸を止めてしまいがちになるのであれば、回数を声に出して数えることをおすすめします。

また、トレーニング中は、意識を腹筋に集中させることで引き締め効果を高めることができます。

★ながら腹筋のすすめ

毎日20回の腹筋運動でもわざわざ行うのは面倒に感じる方もいることでしょう。

もし、負担にかかるようであれば、無理に習慣にする必要はありません。

腹筋運動をやる時間をわざわざ作るのではなく、日常生活の中に腹筋運動を上手に取り入れていくことをおすすめします。

腹筋運動は横になってやるものと思っている方も多いようですが、立ったままでも腹筋を鍛えることができるのです。

例えば、掃除をしながら、料理をしながら、駅で電車を待っているとき、電車の中で吊革につかまっているときなど、腹筋を意識したり、お腹を引き上げるように意識するだけでも、自然に腹筋を鍛えられます。

 

前のページは 前のページは骨盤ダイエット
これより先のページはありません。これより先のページはありません。
このコンテンツの詳細目次へ
このコンテンツの詳細目次へ